カテゴリー:ハワイ移住

ハワイ不動産/ビジネスビザ取得はそんなに簡単ではありません


DSCN4904
ビジネスを立ち上げたり、ビジネスを買ったり、大きな商業物件を買ったら、簡単に誰でもビジネスビザが取得出来てハワイに住めそうですが、実際はそんなに簡単ではないようです。

特に新しい大統領になってからは、以前より難しくなったそうです。

一番最初に優秀な移民法を専門として、今までに数多くの実績と力のある弁護士を選ぶ事です。経験をたくさん積んだ弁護士さんは、話をしたら、可能性大か難しいか直ぐに判断できます。

大きな企業が新しくハワイにビジネスを開設する場合は、資金も経験も十分あるから問題はないと思いますが、普通の人が新しいビジネスを開設する際のビザの取得はそんなに簡単では無いそうです。その人の経歴や十分な資金で、商売をどの位継続できるか?従業員の数は?

既存のビジネスを購入する際には、そのビジネスが長期にわたり安定した実績を上げている証明や、購入する人も、資金があり、また運営できる能力を問われます。この双方が揃ったらイイ感じです。

ビジネスビザの取得を考えている方は、早めにその可能性の調査をする事からがスタートです。

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

ハワイの不動産/ハワイの学校選び


DSCN38431-550x412
英語圏からの移住ですと、私立でも公立でも問題ありませんが、私立の場合は申請期間とテスト等があります、目指す学校の申請締め切りに移住の時期が間に合わない場合は、直ぐに受け入れてくれる学校に入り、新たに申請する事になると思います。公立でしたら、いつでも入れます。


日本からの場合は、外国人を受け入れる私立は限られます。これも前もって学校の担当者とコミュニケーションして、準備をする必要があります。日本からESLのある学校に入学して、1年もすると皆さん一般のアメリカ人のクラスに入れるようになって、卒業時にはアメリカ人と変わらない優秀な大学に入っている人も多いです。

ハワイの私立のサイトです。学校によりキャラクターが異なりますから、お子さんに合った学校に入れたら良いですね。

http://www.hais.org/pages/42425_Find_a_School.asp
ベストプライベートスクールのサイト

https://k12.niche.com/rankings/private-high-schools/best-overall/s/hawaii/お分かりにならない方は私までご連絡下さい。公立は通常は居住する区域の学校に行きますが、越境して他の良いと思われる区域の学校に通う人も多いようです。良い学校区に住みたい、と言われる言事がありますが、高級な地域と学校の良さは比例しています。公立学校のサイトです。http://www.hawaiipublicschools.org/Pages/Home.aspx


公立学校の成績順位が出ています、ご参考までに。                http://www.honolulumagazine.com/Honolulu-Magazine/April-2015/Grading-Hawaiis-Public-Schools/How-Did-Hawaiis-Public-Schools-Rank-in-2015/

ハワイの不動産のご相談はミチコまで直接お電話下さい。                                      808−387−7716ケイタイ                                              私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。                                                        ============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

ハワイ不動産/憧れのハワイに移住 グリーンカードが当たる、最終偏


zpfile001

グリーンカードが当たる

グリーンカードの抽選に当たると、夢のハワイで生活ができますが、その前に、現在日本においてのビジネス、生活、現在と将来の経済予測を良く分析されるべきだと思います。そしてハワイで何が出来て、収入がどの位期待できて、生活費等にどの位要するか、そしてこれから将来にかけての生活上昇の見込み等を、ただハワイに住みたいというだけでなく、ハワイに住む事のプラスとマイナス面を良く冷静に見つめた調査をされるべきだと思います。

ある方達のビジネスは日本に居なくても出来ます、住居をハワイに移すだけですから問題がありません。グリーンカードを持って、ここで快適に暮らしている人達は、ある程度の蓄えがすでにあって、ここでの仕事の収入に頼らなくても良い人達の様です。

日本の生活を置いて、ハワイで新しく仕事に就いて生活を始めるのは、そんなに簡単ではありませんので、日本での生活を置いて来る価値があるかどうか、真剣に考えて下さい。まだ若い人達はチャレンジですね。

お給料の低いハワイの事、こちらでぎりぎりの生活をしている人達も沢山居ますよ。

私も職業柄今までにかなりの数のグリーンカードを取得された方達にお会いしましたが、最終的にはグリーンカードを返上して、日本に帰られた方達も結構います。

 

ハワイの不動産のご相談はミチコまで直接お電話下さい。                                            808−387−7716ケイタイ

 

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

 

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

 

ハワイ不動産/憧れのハワイに移住するには(2)


 

Moana
*稼動しているビジネスを購入するアイデア

大分前に、ある方がそれはそれは繁盛している地元では有名なビジネスを購入しました。その前には会計士さんが入り会社の収支の監査、結果は優良ビジネスと言うレポートでした。ビザを申請してもらう弁護士さんは、ショッピングモールのリース契約書の確認。その方は今後のリスクも全て分かった上で、そのビジネスを購入しました。

ビザも取得して、すでに全てが稼動しているビジネスをそのまま引継ぎました。買収価格は商売の利回りが良い分、豪華コンドが買える位高額でした。

数年は順調でしたが、徐々に会社の経営内容を変えてしまい、購入時とは随分経営状態も変わってしまいました。それから何年かして結局は商売を閉める結果となりました。

この場合は残念ですが、本当に何も残りません。

どの商売を始めてもリスクは多かれ少なかれあります。失敗している人もいますし、ここで成功して快適に生活している人も沢山居ます。

夢の実現の為に、努力を惜しまない、リスクは少ないに越した事はありませんが、リスクの覚悟は必要です。私もここでビジネスを始めた時には、そのリスクは覚悟の上で必死になって働き、現在があります。

 

ハワイの不動産のご相談はミチコまで直接お電話下さい。                                                                         808−387−7716ケイタイ

 

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

 

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

 

 

ハワイ不動産/憧れのハワイに移住するには(1)


Moana

今までに沢山の方達から、どの様にしたらハワイに住めるのかその方法を教えて下さい、と言うお問い合わせを頂いています。これから数回に分けて、私の知る限りの知識も含めて、皆様と一緒に考えてみたいと思います。

一般的には、

*アメリカ人と結婚する。  

*グリーンカードが当たる

 *こちらの企業に雇用してもらいウオーキングビザを取得してもらう。 

 

上記は誰にでも出来るものではありませんね。
  1. *稼動しているビジネスを購入する。
  2. *事業を起業する。

良くある質問は、「コンドミニアムを購入(投資)したらビザが取得できますか?」答えはNOです。

「ではコンドを5件購入(投資)したら良いですか?」これもNOです。

投資ビザ(E-2Visa)の取得には、ビザ申請前にアメリカ合衆国へ一定額以上の初期投資をして事業を起こし、アメリカ人を雇用する事が条件となっています。投資金額ですが、法律には明記されていないようですが、一般的に20-50万ドル以上は必要と言われています。業種によりそれぞれ異なるようです。雇用というのは常勤が3名以上を必要条件としていますが、実際には常勤とパートタイマーの組み合わせでも許容されているようです。ビザを取得する人が50%以上のその会社を所有して、活動している状態を維持する事が条件とされています。

以上の事から、不動産を複数所有しても雇用が発生しませんので、ビザは取得出来ない訳です。

「でも起業して、もし事業に失敗してしまったら投資額は無駄になってしまいますよね?」

その通りです。ほとんどの人達は商業物件を借りて、そこに内装工事、設備投資をするわけですが、不本意ながら商売が上手く行かず日本に戻る時には、設備を日本に持って帰れるものではありません。

次回に続きます

ハワイの不動産のご相談はミチコまで直接お電話下さい。                                            808−387−7716ケイタイ

 

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

 

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。