DSCN4900

 

最近こんな事がありました。

ある人は、何十年も安く賃貸していた家が売りに出ることになり、急きょ立ち退かなければなりません。

犬が4匹もいて賃貸を見つけるのは大変な事です。そのうちに、とっても良い感じの大家さんと知合いました。ディーユプレックスで、二軒長屋で隣に大家さんが住んでいます。大家さんの隣に3ベッド、1バス。場所はボロボロで何年も空家のままです。大家さんは、自分達で家の改装してくれるなら、半分の不動産の権利を上げると言いました。家賃は1400ドルです。

その人は大喜びで私達にその事を話しました。「その内容を書いて契約書を作らないとだめだよ」と何回も言いました。彼は「いやいや心配は要らない、自分達はお互いに信頼しあっていて、とても誠実な正直な良い人だから大丈夫。」

それから家の改装、カーペット張替え、台所の電化製品購入とお金をどんどん使っています。私達は、「契約書を作成しないと、相手が気が変わっても何の権利もないよ」と言い続けました。改装も済んで、引越しをして1ヶ月した頃です、大家さんが「家賃を1400ドルから2000ドルにするよ」と言いました。エーと思っている内に、大家さんから手紙が届き、その内容は「ローンの支払いが滞り、家が銀行に没収されるので、出て行って下さい。」

青くなって、どうしたら良い物か相談に来ましたが、ああ言った、こう言ったと言っても、契約が無いのですから何も証拠もありません。結局その人達は、他の場所を見つけてそこを出ました。

その後近所の人から聞いて分かった事ですが、その人達は3組目の被害者だそうです。最初の人は屋根が壊れていて、それを修理してくれたら、所有権を半分上げると言われ、その人は銀行で融資まで受けて、屋根を直しました。この人も契約書無しです。

良さそうな人でも悪人は沢山います。またそんなにオイシイ話もありませんので、賃貸のみならず、大きな約束事は親しい間柄でも、必ず契約書を作ってお互いに署名をしましょう。

ハワイの不動産のご相談はミチコまで直接お電話下さい。                                            808−387−7716ケイタイ

 

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

 

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。