DSCN4918

売買契約が成立して、全ての問題や条件がパスして、いよいよ決済が近づきます。エスクローから譲渡書を含む必要書類が届きます。譲渡書以外は自宅で署名をする事が出来ますし、その書類は間違った場合でも心配要りません、原本の必要がありませんので、後でファックスでもスキャンで送っても問題ありません。

譲渡書は公証人の前で署名をしなければなりません。日本に居住の方は3つ方法があります。アメリカ大使館に行って公証人の前でする。東京、大阪なら公証役場でアポスティルのサービスがあります。又はハワイにいらしてエスクローに行って署名をする事が出来ます。

アメリカ大使館の予約は、ウエブサイトから都合の良い日と時間を前以て予約をしておきます。

その他の外国の場合は、アメリカ大使館に予約をして公証をしてもらいます。米本土の場合は、エスクローでも、銀行でも公証サービスで署名をします。

交渉の済んだ書類とその他の書類は一緒にFEDEX等でエスクローに送り返します。売り手買い手双方の書類が届いて、お金が届いて、指定日の2,3日後に決済、登記されます。

今回のお客様はハワイにいらしてエスクローに行って署名をします。いずれにしてもパスポート、アメリカ、現地の方は身分証明書をお忘れなく。

ハワイの不動産のご相談はミチコまで直接お電話下さい。                                  808−387−7716ケイタイ

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。