8.30.19
カフナと言う言葉をご存じない方も多いかと思いますが、良く見るのは、新しい建物や商売のオープニングの時に、ハワイアンの神父さんみたいな人がお清めをします、これが一般的に言うカフナです。

大分前の話ですが、オフィースのオープニングをする際に、ここはハワイの土地なので、ハワイのカフナに是非新しいオフィースを清めて欲しいと思いました。会社にとても人格者のハワイアンのエイジェンがいましたので、彼に「お清めをするのにカフナを知らない?」と聞くと、「私がカフナですよ」と言うので、「また冗談でしょう」と言うとまじめな顔して、「本当に私はカフナです」

彼に言わせると、本当のカフナは隠れていて、表に出ないそうです。カフナの彼に家のお清めをお願いしました、お礼はと聞くと、お金は一切受け取らない、食料は必需品なので、頂くそうです。と言うわけで、私は大きなバスケットにハムや果物や食料をいっぱい詰め込んで御礼をしました。

また彼がカフナと言うことは他言してはいけないそうです。ですから他の人に紹介できないのです。ある時お清めをして欲しい人が居ましたので、お願いすると、その人の事は知らないし、自分が好きな人では無いかも知れないからと断られました。

お清めに準備するものは、ティーリーフ、まだグリーンの柑橘類何個か、グリーンのバナナです。清めている間、私達は外に出ますので、どの様にしているのか全く分かりません。

かれのおばあさんがカフナで、小さい頃から色々な訓練を受けたそうです。おばあさんが亡くなるときに、最後の一息を彼が吸い込み、同時に彼女から全ての能力を受けとるそうですが、怖くてそれが出来なかったそうです。そのお陰でおばあさんは毎夜彼のまくら元に現れて、彼を修行したそうです。

彼と握手したりすると、「美智子今朝夫婦喧嘩したね」などと言われ、ドキッとする事があります。

私には分からない世界ですが、私にとって、お清めはとても大切ですので、必要な時はお願いします。

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ