こんな事もあるんですよ。

気に入った不動産が見つかり、オファーを入れて、売買契約書も成立して取引は順調に進みました。

不動産のインスペクションもして、コンドの書類も読んで、ローンの申し込みをして、ローンも認可され、全て順調です。

オーナーからの不動産に関する公開書には何も書いてありませんでした。所有権調査書にも何も書いてありません。ここまではとてもスムーズで、お客様も大変喜んでいました。

そんな時、突然エスクローから連絡で所有権に問題があり決済が出来ないから待って下さいと言ってきました。

問題はもう少で解決するから、と言われて、待ちましたが幾ら待っても解決できません。こんな話は初めてです、売り主が最初からこの事実を知らせて居たら、こんなに時間を無駄にしなくても済みました。

この後調査した結果が、以下です

この売り主は抵当流れの物件を銀行から購入しました。

銀行でローンを組むと、決済後、ほとんどの銀行はそのローンを他の会社に売ります、そしてその購入した会社もまた他の会社に売ります。良くある事です。

現在の持ち主は、XXX銀行から融資を受けていて、その銀行に毎月ローンの支払いをしています。しかし実際はもう何社か会社が変わっている場合がほとんどです。

抵当流れの物件を購入する場合、ローンが数社に移り変わっていますので、関わった全社のそれぞれの担当者が必要書類に署名して解放しなければなりませんが、きちっと法的にリリースしてありませんので、この様に抵当権に問題が起こってしまったわけです。

残念ながら、銀行は抵当流れの物件を山の様に抱えているので、間違いを辿って、1つ1つ修正するのには時間を要します。

売主も売主の不動産業者もこの事実を知っているのにも拘らず、この事実をバイヤーに公開していませんでした。

結局バイヤーはこれ以上待てないので、取引をキャンセルしました。思わない落とし穴でしたが、エスクローは所有権に問題がある場合は決済できませんし、銀行も融資をキャンセルしますので、消費者は守られているので、そこが安心な所です。

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ