unnamed (18)
ある人は大きな高級住宅を建設しました。

その家は、日本の家の玄関の様に下駄箱まで付いています。

間取りは、沢山部屋があるのですが、物切れで、オープンなゆったりとした間取りではありませんでした。その内日本に戻ることになって家を売りに出しましたが、部屋が物切れなので、中々買手が付きませんでした。

最終的には少し安く売りましたが、買手はその間取りを広げて大分手直しました。

もう一つは、宮大工を入れた、人目を引く本格的な高級日本住宅は随分費用が掛かりましたが、結局何憶もする和風住宅を好む人は本当に数少ないので、持ち主にとっては価値があっても、好まない人にとったら全く価値がありませんので、売る時には大分損をして売却した様です。

もう一つの和風住宅は、外見は普通の家ですが、室内が日本風です。住んでいる人はその家を和洋折衷で上手に使っていました。これは最初の和風住宅程高価では無かったので、割と簡単に売れました。

思うに、その土地その土地の好ましい間取りや家の作りがあると思います。ハワイではオープンな間取りが好まれます。

ハワイの場合は古い家だから価値が無いと言う事はありませんので、一番簡単なのは、好みの住宅地の中で、中古の好きな間取りの家を購入して、中を好きな様に改装するとずっと楽だと思います。

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ