DSCN4891 (Medium)
台風のシーズンに入り、日本もアメリカも大変な被害をこうむっています。最近は地球の温暖化で世界中が随分と天候が変わって来ています。

ハワイは太平洋に浮いている本当に小さな島ですから、位置を確認すると、台風に簡単にやられそうです。しかしいつも不思議に思うのは、本当に台風の被害が無い所なのです、今まではです。

とは言え、地球の天候が変わって来た現在、やはり最悪の時に備えて保険も準備した方が安心かと思います。

不動産を購入したら、必ずホームオーナーズインシュランス(住宅保険)を購入します。一般のホームインシュランスは、火災、責任(不動産内での怪我など)損害(水やその他のダメージ、盗難)個人財産、が含まれます。

コンドの場合は、建物全体がハリケーン保険を掛けていますので、通常のホームオーナーズインスランスで室内だけカバーして、ハリケーン保険は必要ありません。

一戸建ての場合は、通常のホームオーナーズインシュランスは購入しても、ハリケーン保険を買うか買わないかは、お客様次第となります。ハリケーン保険は高いので、全体の30%の人達が購入しているだけだそうです。何十年もハリケーンの被害を受けていないオアフ島のこと、どうせ来ないから、いいかな、となります。

実際にどの様に保険がカバーするのかと言いますと、テレビ中継でハリケーンが訪れる予報をしていて、そのハリケーンが途中で弱まって、ストームに変わったときでも、ハリケーン保険でカバーするそうです。また大嵐の天気予報の中継があり、大嵐によって、住宅が被害を受けた場合は、ハリケーンではないですから、通常の損害保険でカバーするそうです。

という事は、ハリケーン予報があり、後に嵐になり、屋根が吹っ飛んだら、ハリケーン保険でカバーしますから、通常のホームインスランスしかなかったら大変です。屋根は自己負担ですよ。

私達も、良くどうしようか、と言う会話がありますが、もしも万が一台風が来たら大変な事になるから、やっぱり購入しましょうとなります。最近の気候の変動を見ていると、やはり持って安心でいた方が良いと思います。皆さんも納得です。

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ