Can-These-Muddy-Looking-Balls-Make-the-Ala-Wai-Swimmable-cover
アラワイ運河と言うと、外からの眺めは良いのがですが、実際には、運河は汚染されていて、何年か前にも酔っ払いが喧嘩して運河に落ちて、バクテリアに侵されて亡くなった事もあります。また大雨が降ると、底に溜まっている泥が混じり、汚い茶色の水になります。見るには良いけれど、余り近付きたくないと言う感じです。

運河にはどぶ魚のタラピアが沢山います、あそこで魚釣りをしている人をたまに見ますが、釣った魚どうしているのかしら?といつも思います。

この写真のドロダンゴはテニスボールサイズで、糖蜜、コメ、粘土、水、微生物 で作られています。

Genki Ala Wai project を扱うEM Hawaii の話では、このボールを汚染されたアラワイ運河 に入れると、健康なバクテリアが運河の底に溜まっているヘドロを消化して酸化します。分解する事で、有害なバクテリアを抑制して、悪臭を軽減します。

そして数年すると運河で泳げたり、きれいな魚を釣ることも可能になるそうです。

1個は23セント掛かり、1億個位必要だそうですが、このまま続けて、きれいな運河にして欲しいです。

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ