16-kahala-beach[1]
8月1日から実施されているバケレン撲滅の為の法令により、ホノルル市から最初の違法通告が5件の違法バケーションレンタルに対し発行されています。

新しい法令によりますと、バケレンが出来る許可証のない不動産や、ホテルリゾート地域外の不動産が、バケーションレンタルのオンラインに広告を載せる事は違法となります。

通告書を受け取った所有者は、7日以内に広告を外し、間違いを修正する。さもないと、最初の罰金の1000ドルが掛かり、その後の1日の罰金は最大で1万ドルです。

違法を承知でしていた人も多いと思いますが、ホテルコンドで普通にバケーションレンタルをしていた人達は、突然役所からあなたの不動産は30日以内のバケーションレンタルは出来ません、違法です、という通知が届いた時は、皆さんどうしよう?と戸惑ってしまいました。

選択は以前にも書きましたが月決めのレンタルか長期のレンタルになります。

オアフ島では、おおよそ6000-8000件の違法バケーションレンタルがあるだろうと言う事ですが、20,000件と言う意見もあります。

ホノルル市はオンラインに掲載している広告から今回の5件の違法を摘発しました。

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ