-88-1
違法バケレンの広告やレンタルを止めないと、最高1日に1万ドルの罰金が課せられる、と言う厳しい法律ですが、この新しい法律は8月1日の今日から実施されます。

ワイキキバニャンの所有者組合はホノルル市の新しい法律の施行をストップするため、市をハワイ州に訴えるそうです。

ワイキキバニャンは1979年に完成して、1979年よりホテルとして運営されています。

全部で876件ある内、10-12%の所有者がそこに居住しています。残りはバケーションレンタルか長期レンタルされています。

876件ある内法的にバケーションレンタルが出来る部屋はたったの179件しかありません。

同じ建物内で同じホテルが運営して居るのに、ある部屋には許可証があってある部屋にはない訳です。これは不動産を売る際にいつも許可証があるかどうかは聞かれる質問です。

ホテルは今まで、許可証のある部屋もない部屋も同じ様にホテルの一室として貸していました。無い部屋に同じ様に許可証を取るべき努力をしていたようですが、市の方は1989年以降は許可証の発行をストップしています。

バニャンもサンセットも人気のホテルコンドですが、突然の市からの通告そしてホテルからのキャンセル通知で、持ち主はショックを受けています。

スターアドバタイザーの記事から

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ