IMG-3366
カカアコでは新しいコンドがどんどん建てられていますが、その反面ハワイにおける大部分のコンドは70年代に建てられた中古です。

最近は多くのコンドが、建物内の古くなった配管やコンクリートの修正、その他建物のあらゆる部分の改善が必要になって来ました。

建物によっては、ロビーも、エレベーターも、窓や配管も、プール―などの施設の辺りも新しくしている所もあります。

しかし、この建物の改装をするのには莫大な費用が掛かりますので、全ての人が現金でポンと払えるものではありません。住人の経済力にもよります。コンドによっては銀行から大きなローンを取り、その金額を管理費に上乗せして徴収したり、大きな金額を支払える人は支払いますから、どの部屋を買うかにより、内容も異なります。

買う時にはアセスメントがあるかどうか、支払ってあるのか無いのか確認する必要があります。ある場合は、売値とその金額を見て、他の同じ建物内の不動産価格と比較して、その価格が妥当かどうかの確認が必要です。

アセスメントは古くなったところを改善する、と言う事ですから、今後建物内での問題も少なくなると言う事です。新品とまでは行かなくても、見えない所も改善されますよ。

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ