BBQ Area
先日決済間近いコンドの引っ越しで、エレベーターを上ったり下りたりしていた時です、突然ガクッとなりエレベーターが15階で止まってしまいました。

最初は一瞬だから大丈夫と思っていたのですが、どうしても何をしても動きません。

私は狭所恐怖症です。狭い所にいるとたまらないのです。エレベーターが止まってしまった、と悟った時は、どうしよう、狭いエレベーターを見回してパニックで頭がぐらぐらしてしまいました。携帯は通じません。

エレベーターの中に緊急呼び出しのボタンがありますが、そのボタンを押すと、「どうしましたか?」と返答が来ます、パニックの私は「エレベーターが動かない、助けて!」と言いますと、「どの建物で何階で止まっていますか?」と聞かれました。

先ず、声がとても聞きにくいのです、相手は私の様にパニックになってる人の扱いを慣れていますので、私も声を聴くと少し安心しましたが、はっきり聞こえないので、何回も聞き直さなければなりませんでした。英語が余り出来ない人は、聞きにくいし、こんな時どうするのか、と思いました。修理人が来るまで30分かかると言われました。

「30分も持たないよ、早く来て、夫に連絡して」と携帯番号を言うと、しばらくして夫の声が聞こえて少し落ち着きましたが、床に座り込み、広い場所を瞑想しようとしますが、上手く行きません。息が苦しいです。

狭いエレベーター全体を見ると息苦しくなるので、とにかく隅、角を見るようにすると少し落ち着きましたが、息苦しいよと言うと、空気はあるから大丈夫だと言われました。その内、建物のセキュリティーの人が外で声を掛けてくれて、また少し助けられました。

あの30分は長かったです。その後その建物のエレベーターを何回も使わなければならなかったのですが、沢山エレベーターがあるのに、なぜか同じエレベータが開くのです、これには参りました。

実はエレベータに閉じ込められたのはこれで2回目です、1回目は歯医者さんのあるビルで、暗い天井の低いエレベーターで、止まってしまった時は、パニックでへなへなと座り込んでしまいました。運が良い事にほんの5分くらいで動き出しました。

誰かに、もう一度あるから気を付けて、と言われましたが、あの経験はしたくないですね。

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ