20181217-DSC09145Enfuse3
購入の際にお客様から良く受ける質問は、どの位指値が出来ますか?時に10%?20%?と聞かれることがありますが、

現在のマーケットですと、50万ドル前後の物件はほとんどが言値近くで売れています。それと人気のある建物は特に早く売れますので、手に入れたかったら、それなりの申し込み価格をいれなければなりません。

思い当たる主なコンドの販売価格と売却価格の対比を出してみましたので、ご参考までに。セールスは今年の1月、2月です。

Waikiki Sunset 1月の売り出し価格に対して売却価格は100%、2月も100%
Waikiki Banyan 97.6%、95%
Waihonua   今年はセールスがありません。
Hawaiki     セールスがありません。
Hokua      セールスがありません。
Ae’o      99.2%、98.8%
Pacifica    96.7%、98.8%
Moana Pacific 98.4%、98.5%
Koolani    1月95.3%
Waiea     91.7% 1月
Anaha     92.6%1月、96.7%2月
Ritz      93.5% 1月、91.1% 2月

建物によってはセールスが無い所もあります、動きにくい建物は価格的に少し柔軟とは思いますが10%とか20%ディスカウントにはならないと思います。その時の在庫と、不動産のコンデションとその建物にどの位の需要があるかでオファーの価格を決めます。

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ