IMG_9018
ハワイ大学の元総長のフジオ松田博士のハワイ日系移民史150周年を祝うスピーチからの続きです。

官約移民こそがハワイのAJAと言われる、日本祖先をもつアメリカ人なのです。元年者と違い、官約移民のほとんどはハワイを自分達の国として移住して来ました。

多くは砂糖キビ畑で退職するまで働き、あるいは死ぬまで働きました。一部は3年契約を終えた後、プランテーションから出て、他で雇われたり、自分で仕事を始めました。

カカアコはハワイ人と移民の家族で出来た、多民族の集落でした。私はカカアコの日系人の住む所で生まれ育ちました。私の最初の言語は家で話す日本語でした。

そこは家から2,3ブロックの所で、必要な物は何でも揃う、孤立した地域でした。私がPohukaina Elementaryに入学した時、クラスメートのほとんどは日本人でした。あとは中国人、ハワイの現地人、ポルトガル人、フィリッピンンの子供が少しいました。

多少英語が話せる子供はいましたが、殆どは英語とハワイ語と他の国の単語が混ざったピジョンイングリッシュ を話していました。ピジョンは複雑で、文法も怪しく、奇妙な単語から出来ているので、他の人が理解するのは不可能でした。

それは貧しいものや、移民と現地のハワイ人のコミュニティーのみに通じる秘密の暗号の様な物で、私達は使うのが楽しかったのを覚えています。

のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ