dog 019
早い物でサーシャが我が家に居なくなってからもう1年です。

毎日仕事に追われて、家に帰ると寂しく一日を過ごしたココが、嬉しい嬉しいと大きな声で鳴いて迎えてくれて、出来るだけ毎日外に散歩に連れ出すので、一日が短く、時間があっと言う間に過ぎてしまいます。

サーシャはジェリーでは無く、私に付いていた子です。赤ちゃんで家に来た日から毎晩寝る前に、サーシャを抱きしめて撫でて上げるのが習慣でした。抱きしめると、猫の様に、嬉しそうなゴロゴロと言う音が聞こえます。

犬も長く一緒にいると、目を見つめ合うだけで、何となく気持ちが感じ取れるようになります。本当に思い出すと胸がいっぱいになりますが、楽しい思い出でいっぱいです。今頃は花子やデュークと楽しく走り回っている事でしょう。

黒いラブを見るとどうしても触りたくなります。