IMG_9018
以下は欲しい不動産を手に入れられなかった理由と実例です。

低いオファーを入れて来たエイジェントは、このバイヤーは近辺の不動産を何年も探していました、と言います。外に良いオファーが入っているので、そちらと取引をする、と言いますと、そんな事を言わず、こちらに是非交渉をして下さい、バイヤーはどの様な価格で来るか知りたいです。この様な人はチャンスはありません、本当に好きだったら、もう少しまともな価格でオファーを入れれば良いと思います。

売り主側は幾つもオファーが入ったら、一番高く、条件の良いバイヤーを選び、交渉をするのが通常です。

あるバイヤーは、もう他に数件も言値でオファーが入っているのにも拘わらず、低いオファーを入れ様とします。これでは低く過ぎて通りませんよ、と言いますと、何を言うのですか、私達は本当に真剣にこの不動産が欲しいのですから、売主を説得して下さい、財産も沢山あり、キャッシュで直ぐに決済出来ます。勿論通るわけがありません。

ある人はキャッシュオファーを入れます、バイヤーはとても気に入っているので、待っててください。と言いながら何時になってもオファーが入りません、外に数件オファーが入り、その中の1つとこれから交渉をしますと、と報告すると、今日中に出すから待ってて、と言います。そしてその今日中には入らず、宗教の理由でその日にはビジネスの結論は出せない、と言います。さあ本当に来るのかな?

ホットな物件を売りに出すと、色々なバイヤーを見ます。最近よく見るのは、キャッシュオファーだよ、と言いそれは低いオファーを入れる人です。沢山のオファーの中で手に入れる人は、キャッシュで言値よりホンのちょっと高めに入れた人、偶然にもやはり他のホットな不動産を同じ人達に同じ様な条件で売った事がありました。また感じも良いので、売り主からも好感を持たれます。

と言う訳で、欲しい!と思った物件に巡り会ったら、ベストオファーを入れて下さい。そしてそれでも手に入れる事が出来なかったら、縁が無かったので、きっともっと良い物件が出て来ますよ。

このブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。


============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ