DSCN4541
こんな事は余りあって欲しくないですが、ハワイ居住の方、夫婦の片方が離婚の申請をすると、まだ離婚は成立していなくても、その時点で不動産を売る事、大きなお金を銀行から下ろす事、子供をハワイから連れ出したり、学校を変えたりする事が出来なくなりました。


例え、不動産が夫だけの名義だとしても、それ以後は、夫はその不動産を独断で売却する事が出来なくなります。

通常は片方が離婚の申請をして、その書類が相手側に届けられて、それから弁護士を雇い、双方に弁護士が入り、財産や子供や諸々の事をどの様にするか決めます。

とにかく夫から、または妻から離婚したい、という通知が届いたら、その時点で、片方が独断で不動産の売却したりとか、おおきな動きが出来なくなります。これはハワイの法廷に片側からの離婚申請が提出されたら、と言う事です、今年7月に決まったハワイ住民に対する法律です。余り良いお話しではありませんが、皆様にお知らせをさせて頂きました。

このブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ