Kapiolanipark2
家を建てるのは、ここに住んでいる人達でも大変です。建設会社の責任者と話すと頼もしく思っても、実際に工事をするのは他の人達です。ウオークマンシップもお粗末ですから、良く見張っていないと、あっちこっちが少しずつ違ってしまいます。

こちらに住んでいれば、毎日工事現場を見に行って、おかしな所は修正させられますが、依頼人がここにいないとその様な事が出来ません。

言葉の問題はどうですか?英語を話すもの同士で話し合っていても、依頼主が希望するようにはなかなかならない物、外国人が外国に住みながら家を建てるのは至難の業です。

監督として、ここに住む人を代理人として工事を見張る様に雇う事も一案ですが、その人と依頼主の意思の疎通がうまく出来て居なかったら、依頼主の希望していたような結果ではないかも知れません。

私が思うのには、家を新たに建設するより、現存の好きな間取りの家を購入して改装した方がずっと楽です。

以前、外国に住んでいて、家を建てたいと言うお客様にこの様にお話ししましたが、どうしても新しい家を建てたいと、夢の住宅を建設しました。この方は英語も堪能でコミュニケーションは全く問題はありませんでした。しかし完成後、こんなに大変だとは思わなかった、美智子の意見を聞いておけば良かった、と言っていました。

このブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ