KCC6.12.18.1
私の経験から行きますと、ビジネスのリビュー、口コミはあてになりません。以前に屋根屋さんには辛抱が必要と書いた事があります。これは本当です。

リビューの良い5社くらい選びました。その中で値段と良心的と思える会社を選びました。所が開けてみたら、見えない所に、こちらで指定した物でなく、安い方の材質のパーツを使っているのを発見、夫が屋根に上り見たら、全く違う安物を使っていたので、直ぐにそこを直させました。他の問題部分も何か所かやり直しさせました。

でも私を含む普通の人は屋根や建築の事は何も知りませんから、安い材質を使われても分からず終いですね。そして仕事が終了した後良く家中を調べたら、ベランダのタイルを割っていたり、釘やネジが沢山庭のあっちこっち落ちています。屋根裏はほこりとゴミだらけです。こんなにゴミになる事を知っていたら、ビニールのシートを敷いておいたのに、と思いました。

終了後、その会社に今までの事を書いた手紙を送りました。その後は?何の返事もありません。口コミの最高に良い会社でした。その良い所は全く見えませんでした。私もきちっと仕事をして欲しかったので、仕事をしている皆に毎日食料を運びましたが、効き目は無かったですね。

今度は屋根の修理です。ある不動産は高台にあり、もう少しで決済と言う時に、バイヤーが最後の家の検査に行きました。そしたら、大雨の後で、屋根が漏っていたのを発見、売主に修理するようにと言ってきました。

さあ大変です、先ず直ぐに行って、修理をしてくれる屋根屋さんを見つけるのが大変です。どうにかやっと見つかり、屋根を見に行った後、その答えは、全部の屋根を替える必要ありでした。え?そんなはずはないでしょう?実際に屋根に上って見ましたか?答はいいえです、屋根にも上らずの見積もりです。

もう一件の会社が行きました。とても良さそうな人でした。その人も同じでした。高台なので、その上の山から屋根の写真を撮ったから分かると言いますが、実際の屋根は屋根屋さんが想像する物とかなりかけ離れています。小さな仕事に時間を掛けたくないのです。

ビジネスですから、せめて約束を守る、約束時間に来られなかったら、来られないと連絡が欲しいですね。当たり前の事の様ですが、これがここでは当たり前ではない事が良くあります。

これが何年ハワイにいても慣れないハワイのビジネスマナーの一部です。話し出したらまだまだ沢山ありますが、今日はここまでにしておきます。

このブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ