20180611100615661_0001editedハワイ島の噴火のお陰で何百件もの家が失われています。中には運良く?家は残ってもラバの真ん中にトラップしていて出入りは不可能です。

毎日ローカルニュースだけでなく、メインのテレビ局でも噴火の模様が中継されていますが、ここで暮らす人たちは、この場所以外で新しい生活を始めなければなりませんが、何人の人達がそれだけの経済力があるか疑問に思う所です。

日本に住む人達も、安いと言う事で価値の無い土地を市場より何倍も高い値段で購入しています。結局家を建てることも無く、何年も税金だけ支払って、ある時処分しようと思うのですが、購入した金額が市場価格より何倍も高く払っていますから、市場価格を知って、ショックを受けます。また長い間置きっ放しにしていますから、土地はジャングルになっていて、その処分にもお金が掛かります。

売りたいと思っても、売値から必要な経費を差し引くと、ほとんど何も残らなくなります。またお気の毒ですが、売ってくれる不動産屋さんも余りいません、受けてくれる人を探すのが大変です。

今では火山が怖いですから、どの様な人達が購入するのでしょう?売るのもとても難しいと思います。値段が安いのには安いだけの理由があります。

どっちを取っても良い方向にはいきません。本当にお気の毒です。

このブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ