Hillcrestedited
不動産購入契約書に必ず付けるアーネストマネー(手付金)ですが、幾ら付けたら良いのですか?と良く聞かれますが、この金額でないといけない、と言う決まりはありません。

契約が成立しなかったら戻るし、契約してもその期限内にキャンセルしたら必ず戻ってくる金額です。購入する金額により頭金も異なりますが、30万ドルくらいまでの購入でしたら、1000ドルで良いかと思いますが、100万ドル以上の物を購入するのに、1000ドルでは不利でしょう。

アーネストマネーはどの位真剣かを売主に見せる物ですから、大きい方が心証が良いです。いずれにしても、キャンセルしたら戻りますので、心配しないで下さい。

先日100万ドル以上の物件に頭金がたった1000ドルだけのオファーが入りました、頭金の金額はかなりあるのに、中間金もありません。これでは売り主が不安になります。頭金を1万ドル、頭金を1万ドルに変えて、カウンターしました。

私がバイヤーのエイジェントだったら、頭金1万ドル、中間金を5万から10万ドル入れてもらいます。この位入れると、売り主は安心します。あくまでもどの位の現金を入れるかにもよりますが、通常は最低でも購入価格の20%位の現金を必要としますので、数字を見ながら良く考えて金額を決めます。

2つ同じ金額で内容の同じ様なオファーが入ったら、どちらを選びますか?お客様に其の事を説明すると、皆さん理解して下さいます。


私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ