3.8.18
ハワイで不動産を購入した時の登記記録等は、保管しておけば良いですが、例え紛失しても不動産の譲渡証書は簡単にいつでも取る事が出来ます。

アメリカ住人の既婚カップルが夫婦名義で所有した場合、奥さんは主婦で、実際には購入費用を働いているご主人が全てを払っても、夫婦同等です。ですから、将来ご主人に何かあっても、問題なく残された奥さんの物になり、それには贈与税は発生していません。

所が、外国人の日本人の場合は、日本から購入金額を送金する時、奥さんが半分送っている証明がない限り、将来は贈与の対象になる様です。

ですから、日本から送金する場合は、ご主人が半分、奥さんが半分別々に送金して、その送金した証拠を大切に保管して下さい、将来役に立つ事があります。日本の場合も誰のお金を誰が送金するのか厳しいようですが、これは譲渡証書の様にコピーが取れませんので、重要です。

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ