1303370 - Pool
ハワイのコンドは日本のマンションと同じ様に管理費が掛かりますが、その使い方は随分細やかな管理の元、計算されて使われています。

コンドミニアムは、所有者の中から選べれた所有者組合役員によって運営されます。組合はまず、建物の管理会社を雇います。

管理会社は、所有者からの毎月の管理費の徴収、コンドミニアムの管理人、建物を維持する使用人の雇用、経費の支払い等の建物の維持運営を委託されています。

組合は他の所有者達と管理会社を交えて周期的に集会を開き、年次予算を決め、必要予算やその他の事項を可決したり、建物内の修理や問題解決のための話し合いをします。

ハワイは一年中を通して温暖で、日本や米本土の様に季節の恩温度差が余り無いため、建物とセメントも長持ちするそうですが、それぞれのコンドミニアムの組合は、将来掛かり得る建物の改装、機器の入れ替え、修理等の予算を算出し、将来に備え管理費から貯蓄をしています。

建物も古くなってくると、大きな修繕が必要になり、管理費からの予備金では賄えない事が出て来ます。その時には掛かりうる予算から、其々の持ち主に分担金が掛かります。これはかなり大きな場合もあります。

この様にきめ細やかに建物を維持管理し、いかにして建物を長く維持するか、という事を課題にしています。毎月支払う管理費は無駄なく、上手に使われています。しかし組合の運営が悪いと、建物が傷んでいたり、何も設備が無いのに何でこんなに高い管理費なんだろう、と言う所も出て来ます。

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ