Collection 2603-10 (Medium)
賃貸は以前にもお話ししましたが、その時の運とタイミングに大きく影響されます。

不動産の売買はまだ上昇していますが、賃貸は去年の夏過ぎ位から、スローになり賃貸料は落ちています。幾つか貸せない部屋は、今まで運が良すぎる位高く賃貸していました。こんな良い部屋がこんなに価格を落としてもなかなかテナントが付きません。

ほとんどの大家さんは、何か月も空き屋にすると、大損なので、思い切って賃貸料をその時の相場に落として、テナントを確保しました。

しかし、中には、とんでもない、今まではこんな高い賃貸料を取っていたのだから、その値段でなければ貸しません、と言う方もいます。大きな1ベッドが今まで2800ドルで貸していて、5カ月も空きになると、多額の損です。例え2500ドルで貸しても5カ月で12,000ドルにもなります。確かに2800ドルで貸せたら、14,000ドルですが、其の2,000ドルを確保するために、5か月間ゼロ収入では、毎月の管理費等は1000ドル以上ですから、物凄いマイナスです。

以前私の友人もその様な立場になりました。最初に貸したときは$3,800で直ぐに貸せましたが、次の時は少し空きになりました。このまま毎月収入ゼロよりは少し下げてテナントに入ってもらった方が良いから、$3,500に落としてテナントを確保しました。

物は考え方です、5か月分の損失を取り戻すのは大変な事です。現在はその物件の問い合わせも無くなりました。と言う事で、賃貸はその時の相場に添って賃貸料を調整すべきです。

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ