Mauna Luan 004
何も問題のないキャッシュバイヤーの取引にも拘わらず、そこに係わる人達により問題の無い簡単な取引も複雑になる事もあります。

通常の取引には、売手、売手のエイジェント、買手、買手のエイジェント、エスクローオフィーサー、ローンオフィーサー、ホームインスペクター、不動産鑑定士、シロアリインスペクターが関わります。

日本人の場合はほとんどがキャッシュバイヤーですが、地元に住む人やアメリカ人の場合は銀行融資で購入する人も多いです。先ず、銀行融資を受ける場合は銀行からの不動産鑑定士が入ります。余程不動産に問題が無い限り、通常の取引の不動産の査定は、ほとんどが契約上の売却価格よりちょっと上か、たまにですがちょっと落ちる事もあります。魅力的な物件で希望価格よりかなり高く売れた物件は、最初から銀行からの不動産の査定が購入価格より低くなる事が分かっていて、購入する場合もあります。以上は、融資がスムーズに下ります。

所が、納得の行かない余りにも低い査定結果で、買手も買いたい、売手も売りたくても取引が壊れる事があります。最近あった物は、とても納得が出来ないくらい低い査定額でした。それはおかしい、私達が過去のデーターを送り説得しようとしても聞いてもらえません。売り主も納得できす抗議しましたが、残念ながら受け入れて貰えませんでした。納得の行かない、後味の悪い取引でした。

これから決済に入る取引は、銀行融資で購入の取引です。取引の最中には色々な問題が発生しました。しかし、私の買主のお客様も、売り主のエイジェントも売り主も、とても協力的で理解があります。エイジェントが知識と経験のあるプロだと売り主にに対しても説得力があります。結局、私のお客様は納得の行く条件で欲しい物件を手にする事が出来ました。そして、そこには時間外でも働いてくれる優秀なローンの担当者がいます。

取引に係わった皆が一団となって団結してまとまりました。通常だったらキャンセルになったかも知れない難しい取引が、こんなに簡単に済んで、皆がハッピーのとても心が温かくなる取引でした。

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ