OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常のコンド程ではありませんが、ホテルコンドは結構数があります。価格も様々です。

有名な所から、リッツカールトン、トランプ、ワイキキビーチタワー、ワイキキサンセット、ワイキキバニャン、パシフィックモナーク、ワイキキショア―、安い物でアイランドコロニーがあります、これらは高い物はリビングスペースやキッチンそして洗濯機も設置してありますが、安い物は簡単な台所設備が付いています。

またその他にもアラモアナホテルの様に、ほとんど普通のホテルの一室を購入するような感じの所も数はあります。これはかなり安く買えます。

価格は20万ドル代から、何憶まで、ご予算に応じて選べます。

一番手の届きやすい50万ドル前後までの価格が人気があります。サンセット、バニャン、パシフィックモナーク、収入もまあまあなので、直ぐに売れてしまいます。
下記が選ぶ際に考慮に入れるべき要点

1 ホテルコンドの良い所は、自分達が使えて、使わない時はホテルに委託し、その収入で毎月の経費が賄える、そして収入も入るところですが、収入が目的で買う所ではありません。

2 オーナー使用制限(ホテルとの契約内容)

毎月の収入を保証する建物の場合は、オーナー使用日数に制限があります。しかしながらその制限期間は、普通の日本人オーナーには十分な日数です。

又新しい建物は、オーナーが長い間使用すると管理会社に支払う費用が余分に掛かる所もあります。新しいホテルコンドは良く収支を確認する事。

オーナー使用の場合、ハイシーズンに入る前の予約期間があります。そこで滞在期間を予約します。

新しい物を除き、お部屋の改装費も将来の経費に予算として入れて置いて下さい。

 

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ