Hawaiki nagasaka2

コンドの駐車場に入るのには、高さ制限がありますから、高い車を所有している人は、駐車場の天井を抜けられるかどうか確認が必要です。不動産がどんなに気に入っても、車が入らなかったら大変です。車を替える事は出来ますが。

ある駐車場は、これ本当に駐車場?と言う位幅が狭くて奥行きもありません。普通車は無理、日本のK自動車ならOKですが、隣に車が駐車してあるときは、ドアをやっと開けられるかな?と言う感じです。こんな不動産を扱っている時は、不動産を見る前に、まずは駐車場を見てもらいます。やはり何人かの人は駐車場でダメでした。

もう1つの駐車場は、両側がセメントの壁です、それも幅がとても狭いので、小さな車でもやっと入れるくらい、片側に車を寄せて、やっとドアを開けて出られる感じです。以上は私が経験した極端な駐車場です。

通常の駐車場は、真ん中に位置したり、壁側に位置したりで、好みで真ん中が好き、壁側が好きと言う事がありますが、この駐車場の位置で、不動産を買うか買わないかを決める事はほとんどありません。上記の例は買うか買わないかを左右しますので、後で問題にならない様に、売る側は必ず最初に確認します。

運転しないから大丈夫、と言う人は良いですが、将来売却する時にも同じように相手を選ぶ事になります。

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ