11.19.10jimmy birthday 016
決済の前には、それぞれの不動産は、新しいオーナーに手渡す為の準備をします。掃除が一番大きな物です。

持ち主が居住している家を引き渡す時は、家の中の物を全て出して、隅々まで掃除をして、庭も最後のクリーニングをして、次の人が直ぐに家具を運び生活できる状態にして引き渡します。コンドも同じくです。

持ち主の居住しない別荘の場合は、たいてい家具付きで売る場合が多いです。この不動産に合わせた家具ですし、日本や州外まで家具を運送する人はいません。この場合は掃除を済ませてそのまま引き渡します。

同じ別荘でも、買主がその家具を要らない場合は大変です。どんなに高い家具でも売る時には二束三文、それに買手を見つけるのも大変です。大抵はは慈善団体に持って行ってもらいます。

今度は家具が古くて、タダでも誰も欲しがらない様な場合は、慈善団体も持って行ってくれません。この場合は、業者を雇い捨ててもらいます。

時たま、売るのには売れないけれど、捨てるのにはもったいない、では誰か欲しい人がいる?世の中にはきっとお皿やポットやテーブルやベッドが欲しいけれど買えない人がいるはずですが、捨てなければなりません。捨ててくれる人に聞くと、もったいないけれど、誰も欲しい人を知らないから、もったいないけれど仕方ない。運が良いと捨てる物を丁度必要な人が居て、捨てないで済む時はうれしいです。

ある不動産はもう少しで決済になりますが、長い間賃貸していて、不動産には古い家具が一式あります。この家具は業者を呼んで処分しなければ、と思っていました。ダメもとで買い手の不動産屋さんにもし買手が家具を使うかどうか聞きましたら、すごく喜んで、タダだったら欲しいそうです、聞いてみる物だな、と思いました。使ってもらえて本当に良かったです。

それぞれの不動産がきれいに掃除されて、電化製品等も稼働している事を確認して、次のバイヤーに手渡すのが最後の仕事です。決済日、エスクローから決済の電話が入ったら、カギを相手側に届けます。

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ