waialae iki9.12
バイヤーのエイジェントは、まずバイヤーが不動産購入を実際に出来る様に準備をします。現金の場合はその確認、融資の場合はどの位融資能力があるのか銀行が確認、その金額が出たら、そこからバイヤーの望む地域や不動産内容を考慮して、予算内の不動産をサーチします。

バイヤーのエイジェントの仕事は良い条件で良い価格でバイヤーが好きな不動産を手に入れるサポートをする事です。不動産は縁ですから、これ、と言う物件に巡り会ったときは、ここに住みたい、この物件を欲しい、となるはずです。これが欲しいと言う不動産が皆が欲しいホットな不動産だったら、その不動産を手に入れられる為に、売り主のエイジェントと上手に交渉して最善を尽くすのもエイジェントの仕事です。

なるべく安く良い条件で、と言いますが、また本当に欲しい不動産を手に入れられるようにする、と言うのもバイヤーのエイジェントの務めだと思います。その様なホットな不動産は売り価格より高く値がついてしまう事も良くあります、その様な時にどの様に対処するか。心を開いて、お客様の立場や経済状態を顧慮しての購入は、お客様との信頼感があって出来る事です。

お会いしたお客様との信頼感は、私のゴールです。

私のブログを読まれましたら、是非クリックして下さい。ありがとうございます。

============================

美智子のやさしい不動産学〜KZOOで毎月第1土曜日3pm〜ラジオ番組で不動産事情をお伝えしている美智子のブログ。小さな物件から大きな物件まで幅広く取り扱うフレドリック美智子にお任せください。